もしも日本に「サッカー都道府県選手権」があったら(2) 東京都

サッカー王国ブラジルには、全国選手権のほかに、全国の27州それぞれで州選手権があり、各州の州内で優勝を競い合っている。

例えば、リオデジャネイロ州では、全国的にも強豪のフラメンゴ(Flamengo)・フルミネンセ(Fluminense)・ボタフォゴ(Botafogo)・ヴァスコダガマ(Vasco da Gama)の4強を中心に、毎年優勝を争っている。

日本でも同じように、47都道府県で、Jリーグのチーム含めて選手権を戦ったらどうなる…と妄想してみると、意外と面白そうなので、記事を書いてみる。

 

ルールは以下の通り。

  • Jリーグ、JFL、地域リーグ1部2部に所属するチームをピックアップ
  • Jリーグの場合はホームスタジアム、JFL/地域リーグについては本拠地の所在地を所属都道府県とする
  • 「サッカー都道府県リーグ」は、10チームのリーグ戦とする
    • 順位を上から数えていって、10チームに達した時点で、参加チームが決まる
    • 逆に、地域リーグに所属しているチームを合わせても10チームに足りない場合、都道府県リーグのチームも参加してもらうが、今回は名前は出さない
  • 2023年末の所属リーグ・順位を元にする
  • プロ・アマチュア混合とする
  • 大学も強そうだが、今回は社会人リーグ所属チームのみとする
  • 個人調べなので、もし間違いがあったらごめんなさい

 

2番目は、日本の首都、東京都。

チーム名2023年所属リーグ2023年順位
1FC東京J111
2FC町田ゼルビアJ21
3東京ヴェルディJ23
4クリアソン新宿JFL11
5東京武蔵野ユナイテッドFCJFL13
6東京ユナイテッドFC関東1部3
7南葛SC関東1部6
8東京23フットボールクラブ関東1部9
9エリース東京FC関東2部1
10日立ビルシステム関東2部5

2024年は、J1で、神奈川県に並ぶ3チームを擁するようになった。

が、それ以外にも、Jリーグ昇格を目論むクラブが目白押しで、何気にレベルは高そう。

 

サポーターの分布はこんな感じか。

  • FC東京: 東京都全域(特に調布・府中)
  • FC町田ゼルビア: 町田市
  • 東京ヴェルディ: 稲城市・狛江市など多摩地域
  • クリアソン新宿: 新宿区周辺
  • 東京武蔵野ユナイテッドFC: 武蔵野市周辺
  • 東京ユナイテッドFC: 文京区周辺
  • 南葛SC: 葛飾区周辺
  • 東京23FC: 江戸川区周辺
  • エリース東京FC: 練馬区周辺?
  • 日立ビルシステム: (企業チームであり、実際の本拠地は埼玉県なので、ここでは除外)

FC東京が人気面でも強そうだが、意外ときれいに散らばっている。

他にも、渋谷区の「SHIBUYA CITY FC」、八王子市の「アローレ八王子」、昭島市の「東京蹴球団」などもあり、サポーターの分布図もきれいに分かれそう。

ロンドンのように、数十チームがそれぞれホームスタジアムを持って、独自の文化・歴史の中、切磋琢磨すると面白そう。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です